?>
21話~30話 進捗報告

第22話 怪しいうわさ

朝、眠気を感じながら起きた

結構ぐっすりと寝ていたようでもう朝の9時だ

私は病室に運ばれていた朝ご飯のパンを食べてベットから出てみた

かなり良くなっているようで昨日に比べかなり体調が良くなっていた

私は病院のお医者様に診てもらったらかなり驚かれた

どうやら普通ではそんなに早く治るような毒ではないらしい

おそらく治っているというので外出の許可をもらった

私は自分が何者かを考えたが答えが出ず気晴らしに街を散策することにした

街はいつもの賑わいを取りもどしていて少し嬉しかった

私はあの宝石をもらった店に行こうとしたが店があったところの扉がなくなっていて入れなくなっていた

私は悩んだが仕方がなくほかのところを散策することにした

またしばらく進むと大きな家があり近くにいた人に聞いたら町長の家だと教えてもらった

またそこから北へ進むとどうやらもめ事が起きていて近くに来て止めに行くと自分の話をしているようだった

一人はどうやら2日後に行われる式典で何か悪いことを町長が企んでいると言っていて悪いことの標的は私だというのだ

もう1人はそんなことはあの町長はしないと言っていて意見が対立していた

私はこの街にこれ以上いていいのか悩むことになった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。