?>
11話~20話 進捗報告

第19話 闇の魔法陣

あの魔術師は(破壊できるならやってみろ)と小さな声で囁いたその言葉を聞いて私は私は一瞬驚いたまさかあの魔術師は私の心を読めるというのだ

そして私は宝石を持っていることに気が付いているのではないかと思い底知れる恐怖に襲われた

私はその恐怖を振り切り高く飛びダメもとで魔法陣に剣を突き刺したが魔法陣はびくともしないうえに

魔法陣は紫色に光り強く光りを放った瞬間近くにあった家の屋根に衝撃波で飛ばされた

私は素早く立ち上がり思考を駆け巡らせたそしてあの魔術師の素振を見て私は杖を破壊するか無力化すればあの魔法陣は消えると考え私は杖の破壊を第一に動くことにした

魔術師は黒い杖を天に掲げると杖から黒い雷撃を私に目がけて発射してきた

私は一瞬雷撃から感じる深い邪気に恐怖を感じたが間一髪のところで回避し私はあの魔術師の杖に剣で一撃を与えた

するとあの魔法陣から感じる邪気が少し減ったような気がしたがドラゴンたちはまだ暴れているようだ

あの魔術師は私の一撃を見て(なるほどさすがだな)と言って杖を振り上げた

私は振り上げた杖からくる雷撃を避け剣で杖に再び一撃を入れた

すると杖が砕け魔法陣が消えて支配から逃れたドラゴンたちはまた雲に飛んで帰って行った

魔道士は一瞬驚いていたがすぐに冷静になり(私に本気を出させるとはな)といい

魔道士はローブの中から邪気を放つ紫色の剣を持ち黒いドラゴンから降りてきた

そして声をだし(ここからが本番だ!)だと私に向けて言ってきた

私はその威圧感のある声に恐怖を感じたが私は剣を構えた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。