?>
1話~10話 進捗報告

第6話 不思議な巨木

相変わらずの甘い香りはだんだんと薄れてきていたがまだかげるほどに匂いは強かった

薄れてきていた甘いにおいを追い続けた

また更に深い森の中に連れてかれているような気分だったが気にしなかった

この匂いがまるで自分を導いてるようで自分の中の何かと共鳴してるかのように感じた

だんだんと進んでいくうちに森は霧に囲まれていくようだった

霧が濃くなるにつれ失われたように薄れていた甘い果実のにおいがだんだんと濃くなっていった

さらにしばらく進んでいくうちに霧が晴れていき目の前に巨大な木があった

その木には見覚えがあった

その巨木には巨大な果実を持っており実は小さいリンゴのようだが神々しい光のような光を帯びていた

周りには熟して落ちた実が落ちていたため少しだけ拾った

どうやら空腹を忘れるほど夢中で追っていたため

匂いの果てを見つけて落ち着いた時には空腹を急激に感じた

腹が減っていたため一つ食べることにした

口に入れたとたん急激に感じとれる物があった

感じたことはないはずなのに既存感を覚えたような力だった

その力が体に吸収されたころ私に大きな頭痛と恐怖が訪れた….

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。